>

レンタルスペース活用でオフィスはもういらない!?

働くということ

この記事をシェアする

レンタルスペースとは

使っていない部屋をレンタルスペースとして貸し出すというものです。
ただ何もない部屋を貸したところで借りる側にはメリットはありません。もちろん多目的に使えるようにしておくのは大事かと思いますが、ある程度ニーズに合わせて変えていけるようにしておかないと金額と見合わないことになってしまい、借り手もいなくなってしまいます。
自分の所有している部屋を他の人に貸すというのは月単位の決まった収入を得るのには適しています。同じマンションの中でも分譲賃貸と呼ばれるものです。

レンタルスペースの場合月単位ではなく、時間単位で金額が決まってます。
賃貸は月に決まった額の収入で安定はありますが、レンタルスペースの場合使ってもらえば使ってもらうほど収入があるので新しい不動産投資という面でも注目されているようです。

目的と料金

目的はパーティや習い事の教室、女子会、仕事関係ですとオフィスや会議だけなど様々です。
レンタルスペースには、それぞれのニーズに合わせた内装が施されているので、建物の外観というよりは内装と立地が重視されます。
ひとつの建物に何部屋かあり、それぞれの使用目的でパーティーなら華やかに、キッチンも完備されていたり、オフィス用ならテーブルにホワイトボードなどその仕様によって金額も変わっているようです。
それこそあまり内装に力を入れなくても良いような部屋でしたら1時間500円~でしたり、パーティー仕様の部屋でしたら3000円~と様々です。
最近のオフィスを持たない会社では、月に1回は集まって会議がある、という場合などに利用するのにはとても便利なものになっているようです。